トップへ トップへ

リバースモーゲージの
学校

イラスト1 イラスト2

マンションの和室をリフォームで有効活用!費用や相場は?

作成日:2021.07.12 更新日:2021.07.12 老後の暮らし

マンションの和室をリフォームで有効活用!費用や相場は?
マンションの和室は、畳の手入れの面倒さや痛みや傷、収納面などさまざまな問題を抱えていることが多いです。

そこで考えるのが、マンションの和室のリフォームです。

しかし、「どのようなリフォームにするべきなのか」「どれくらいの費用がかかるのか」が分からない点も多く、実行に移せない人も多いでしょう。

それら不明点を明らかにするために、本記事ではリフォームにかかる費用相場、注意点、工事期間など施工事例を交えながら紹介していきます。

和室のリフォームにかかる費用相場はいくら?目的別に比較してみた

和室のリフォームの目的はさまざまです。

その費用相場をリフォームの内容や目的別に紹介していきます。

畳をフローリングにリフォームするのは20〜30万円

和室の問題として「畳の手入れ」が挙げられます。

畳は、湿気や害虫を対策するためにも半年に一度は干すことが望ましいです。

しかし、畳を外して干すのは簡単な作業ではありません。

一度も干したことがない人も非常に多いです。

手入れに手間がかかる畳を楽なフローリングにリフォームしたい人は多いです。

その場合の費用相場は、20〜30万円で少し高めとなっています。

理由は、単純に畳をフローリングに交換するだけではリフォームができないからです。

畳とフローリングは、厚みが異なりそのまま設置できません。

また補強のために下地の工事が必要になる場合も多いです。

そのため、一般的な畳の工事より少し高額となっています。

砂壁をクロスにリフォームする費用は10〜20万円

和室の特徴としては、「砂壁」が挙げられます。

砂壁は、とても風情がある壁紙ですが非常に汚れやすいです。

これをクロスなどに張り替えることで汚れにくい和室を実現することができます。

このリフォームにかかる費用は、張り替える壁紙の種類にもよりますが10〜20万円となります。

収納のリフォーム費用は15〜20万円

和室は、衣類を非常に収納しにくい構造となっていることが多いです。

元々、和室の押し入れは寝具の収納を目的として作られているので、他の収納には不向きです。

これをクローゼットに交換すると、寝具を含めた収納が非常にしやすくなります。

このリフォームの平均費用は、15〜20万円です。

リフォームする際には、クローゼットが非常に湿気のこもりやすいことに注意する必要があります。

調室建材を設置するなど工夫して対策を行いましょう。

押し入れのリフォームについての記事がありますので、あわせて読んでみてください。

大幅なデザイン変更は50〜150万円

機能面ではなく、デザイン面のリフォームが目的の場合も多いです。

和モダンや上品な客室、シックな和室などさまざまなタイプが存在します。

部屋の雰囲気を一式変えるようなリフォームの平均相場は、25万円から50万円程度です。

部屋の作りを大幅に変更したり、高品質な素材を使用する場合はさらに高額となり50〜150万円程度かかることもあります。

和室をリフォームする時の注意点・ポイント

和室をリフォームする時の注意点・ポイント
和室をリフォームする際には、注意するべきポイントが存在します。

これを理解していないとリフォーム後に後悔する事になるので、注意するべきポイントを紹介していきます。

扉の変更に注意しよう!

まず、リフォームで開き戸を設置する場合です。

部屋を和室から洋室にリフォームする場合には、襖を開き戸に変更することが多いです。

このリフォームを行う際には、床の段差に気をつける必要があります。

床に段差があると、開き戸のドアを開くことができないことがあるためです。

そのため、段差がある場合は開き戸ではなく引き戸に交換するのをおすすめします。

他の部屋との調和に注意しよう!

他の部屋との調和を考える必要もあるでしょう。

マンションの一室である和室のみをリフォームすると、他の部屋とのバランスが悪くなってしまい、部屋が浮いて見える場合もあります。

これを対策するには、襖や障子を洋室にも和室にも合う引き戸に変えて、部屋を区切るのがおすすめです。

そうすることによって、和室と洋室とのバランスがうまく取れます。

和室リフォームの工事期間・所要時間

和室リフォームの工事期間・所要時間
マンションの和室のリフォームは、戸建ての場合とは異なり大掛かりなケースが少ないので、そこまで時間がかからないことが多いです。

畳などの床を交換して和室をリフォームする場合は、1〜3日あれば作業が完了します。

同様に押入れなどをクローゼットに交換する場合も1〜3日で作業が完了します。

壁紙を交換する場合は、さらに短く1〜2日で作業が完了するため、非常に手軽に行うことができます。

マンションの一室をリフォームする場合は、工事音などでマンション内にいることができない場合も多いです。

そのため、工事期間が短ければ短いほどリフォームの工事によるストレスは少なくなります。

和室のリフォームは、一般的に工事期間が数日なのでそういった問題はないでしょう。

しかし、壁紙や床、押入れなどの複数箇所をリフォームする場合や部屋全体の雰囲気を変更する場合などは、1週間以上になる場合もあります。

日中、家でやらなければならないことがある場合などは、工事期間をよく調整するようにしましょう。

まとめ

マンションの和室のリフォームについて、理解するべきポイントを紹介してきました。

全てのリフォームの中で、和室のリフォームは非常に手軽なのが特徴です。

費用や工事期間などが少なくてすみ、なおかつさまざまな箇所が工夫できるためバリエーションも豊かです。

お金に余裕がある場合は、非常に豪華な雰囲気にすることもできるため、さまざまな人が満足できるリフォームになります。

普段と変わらないマンションの雰囲気を変えるためにも、一度和室のリフォームを検討することをおすすめします。

この記事の情報を参考にして、充実した和室のリフォームを行ってください。

また、リフォーム費用に関しては持ち家であればリバースモーゲージを活用するのもおすすめです。

リバースモーゲージとは、自宅を担保に融資を受けられる最近注目を浴びている金融商品のことを指し自宅に住み続けながらお金がもらえる制度を指します。

こちらで受けた融資によってリフォームされる方も少なくありません。

気になる方はぜひ一度無料の資料請求をしてみてくださいね。

関連記事