トップへ トップへ

特長一覧

イラスト1 イラスト2
yenのアイコン

三菱UFJ信託銀行のリバースモーゲージ

リバースモーゲージ信託 [ゆとりの約束]

三菱UFJ信託銀行
  • 特長1
    相続時相続人への請求がない(ノンリコース)
  • 特長2
    融資資金が自由に使え、生存中は元利返済が不要(利息は元本に組み入れている)
yenのアイコン

【リバースモーゲージ信託 [ゆとりの約束]】の概要

  • 金融機関名 ? 金融機関名 リバースモーゲージを提供している銀行や信託銀行など名称
    三菱UFJ信託銀行

    金融機関名 リバースモーゲージを提供している銀行や信託銀行など名称

  • 商品名 ? 商品名 各金融機関のリバースモーゲージ商品の名称
    リバースモーゲージ信託 [ゆとりの約束]

    商品名 各金融機関のリバースモーゲージ商品の名称

  • 対象年齢 ? 対象年齢 リバースモーゲージの契約が可能な年齢
    契約者ご本人が70歳以上であること
    ※契約者に配偶者がいる場合、当該配偶者が70歳以上であること

    対象年齢 リバースモーゲージの契約が可能な年齢

  • 収入要件 ? 収入要件 リバースモーゲージ申し込みに必要な年収の条件
    制限なし

    収入要件 リバースモーゲージ申し込みに必要な年収の条件

  • 世帯同居人 ? 世帯同居人 世帯主と同居している人(配偶者や子ども、親族など)
    一人世帯または夫婦二人世帯

    世帯同居人 世帯主と同居している人(配偶者や子ども、親族など)

  • 対象物件 ? 対象物件 リバースモーゲージ商品を利用できる物件の条件
    評価額が2,000万円以上の戸建またはマンション
    ※マンションは別途要件あり

    対象物件 リバースモーゲージ商品を利用できる物件の条件

  • 対象地域 ? 対象地域 リバースモーゲージ商品を利用できる地域
    東京、埼玉、千葉、神奈川
    ※一部対象外の地域があります。詳細は金融機関にお問い合わせください

    対象地域 リバースモーゲージ商品を利用できる地域

  • 資金使途 ? 資金使途 リバースモーゲージで融資を受けたお金の使い道
    自由

    資金使途 リバースモーゲージで融資を受けたお金の使い道

  • 貸付限度額 ? 貸付限度額 リバースモーゲージによって融資できる金額の上限
    ・対象物件の評価額の50%が上限
    ・1,000万円以上1億円以内(10万円単位)

    貸付限度額 リバースモーゲージによって融資できる金額の上限

  • 借入方法 ? 借入方法 契約後の融資実行金額と回数の内訳
    以下の2つのいずれかを選択
    1.定額お借り入れプラン
    毎年融資限度額の10%
    2.初回お借り入れ厚めプラン
    初回のみ融資限度額の60%、2回目以降毎年5%

    借入方法 契約後の融資実行金額と回数の内訳

  • 借入金利 ? 借入金利 リバースモーゲージ商品の金利(金融機関によって異なる)
    変動金利
    ※利息は毎年12月末日、元本に組み入れられる

    借入金利 リバースモーゲージ商品の金利(金融機関によって異なる)

  • 返済期日および利息支払日 ? 返済期日および利息支払日 返済期日:契約者の死亡日(商品によっては配偶者の死亡日も含まれる)
    利息支払い日:利息分の支払いをする日。 ただし商品によって毎月支払い、もしくは死亡時一括精算などの違いがある
    契約者または地位を承継した配偶者の死亡日

    返済期日および利息支払日 返済期日:契約者の死亡日(商品によっては配偶者の死亡日も含まれる)
    利息支払い日:利息分の支払いをする日。 ただし商品によって毎月支払い、もしくは死亡時一括精算などの違いがある

  • 返済方法 ? 返済方法 毎月利息分のみを返済し、死亡時に元本を一括返済する (ただし、金融機関によって死亡時に利息分を一括返済するものもある)
    ・生存中:元利返済不要
    ※利息は元本に組み入れている
    ・死亡時:代物弁済
    ※対象物件の評価額を超過する債務について:相続人の返済は不要

    返済方法 毎月利息分のみを返済し、死亡時に元本を一括返済する (ただし、金融機関によって死亡時に利息分を一括返済するものもある)

  • 代物弁済後の清算 ? 代物弁済後の清算 契約者の死亡後、物件の売却金額が当初の評価額よりも大きかった場合に、その差額を相続人が継承すること
    物件評価額から諸費用を差し引いた額が債務額を超える場合超過額を代表相続人に支払い

    代物弁済後の清算 契約者の死亡後、物件の売却金額が当初の評価額よりも大きかった場合に、その差額を相続人が継承すること

  • 担保物件 ? 担保物件 リバースモーゲージ を利用する際に担保になる物件(自宅)
    第一順位の所有権移転仮登記

    担保物件 リバースモーゲージ を利用する際に担保になる物件(自宅)

  • 火災保険 ? 火災保険 物件が火災や風水害被害に遭った際の損害を保障する保険
    不要

    火災保険 物件が火災や風水害被害に遭った際の損害を保障する保険

  • 保証人 ? 保証人 保証債務を負う人
    不要
    ※保証会社が保証人となるため

    保証人 保証債務を負う人

  • 相続人 ? 相続人 亡くなった方が保有している財産や権利を受け継ぐ人
    必須(推定相続人1名の同意)
    ※配偶者を除く契約者および配偶者の推定相続人

    相続人 亡くなった方が保有している財産や権利を受け継ぐ人

シーンのアイコン

【リバースモーゲージ信託 [ゆとりの約束]】の利用シーン

バリアフリーに対応したリフォームをしたい

バリアフリーに対応した
リフォームをしたい

病気やケガ、介護など万一の事態に備えたい

病気やケガ、介護など
万一の事態に備えたい

生活費の補填にしたい

生活費の補填にしたい

老人ホームへ入居したい

老人ホームへ入居したい

趣味や旅行を楽しみたい

趣味や旅行を楽しみたい

歯車のアイコン

手続きの流れ

  • Step. 01
    相談予約
    資料請求後、三菱UFJ信託銀行からの連絡を受けて相談予約を行います。
    商品内容や特徴を担当者から説明があります。
    ※来店が難しい場合は、お電話でお気軽にご相談いただけます。
  • Step. 02
    対象不動産の鑑定評価
    事前に重要事項等のご説明があった後に、対象不動産の鑑定評価に進みます。
    ご本人さまに加えて、配偶者さまおよび代表相続人兼通知人予定者へも説明が行われます。
  • Step. 03
    申込
    「契約申込書」を提出します。
    併せて、下記書類を準備してください。
    Ⅰ.お客様に関する書類   Ⅱ.ご自宅不動産に関する書類
  • Step. 04
    審査
    お申し込み後、三菱UFJ信託銀行が貸出審査を実施し、審査結果が通知されます。
    契約についての日程調整や公正証書遺言作成における説明を行います。
  • Step. 05
    契約
    契約関係者全員でご来店の上、契約手続及び登記手続を行います。
    ※ご来店が難しい場合は、お気軽にご相談いただけます。
  • Step. 06
    登記手続
    三菱UFJ信託銀行指定の司法書士による手続きが行われます。お客さまご自身での手続きは不要です。
  • Step. 07
    公正証書遺言作成
    配偶者さまがいらっしゃる場合は、所定の公正証書遺言をお客さまご自身で作成いただく必要があります。
    なお、配偶者さまがいらっしゃらない場合は作成不要です。
  • Step. 08
    お借入
    初回借入日に三菱UFJ信託銀行の契約者さま名義の口座に、第一回の振り込みが行われます。
    以後、所定の金額が毎年1回、上記口座に振り込まれます。
!のアイコン

注意事項

  • 次の費用等がかかります。
    〔契約事務手数料〕期限前弁済時:11,000円(消費税込)
    〔信託報酬〕契約時:110,000円(消費税込)、終了時:1円(消費税込)
    〔損害金〕期限前弁済時の借入残高×2%
    〔印紙代〕金銭消費貸借契約:10,000円、20,000円又は60,000円(貸付金額に応じて印紙代が変動します)、信託契約:200円
    〔その他〕証書の作成その他この契約に関して必要な一切の費用(不動産の登記および仮登記に係る登録免許税並びに司法書士費用を含みます)
  • 前記費用の他、借入上限契約額から一定の割合(申込プランによって異なります)を乗じた金額の信託金を拠出いただきます。当該信託金は、契約者その他関係者に返還されません。